2016年08月25日

旃檀林越後寮司大中京璨

旃檀林越後寮司大中京璨

Wikipediaに「旃檀林(せんだんりん)は、1592年に駿河台の吉祥寺内に設けられた学寮を指す」とある。
もう少し引くと「駒澤大学の前身のひとつで、仏教の研究と漢学の振興とそれらの人材供給を目的とした学寮。江戸時代には、「昌平坂学問所」(しょうへいざかがくもんじょ)と並ぶ漢学研究の中心であった。」と解かる。

曹洞宗諏訪山吉祥寺の旃檀林は、学僧の出身地別全寮制を採り、加賀寮・越後寮・薩摩寮・肥後寮等があった。
なかでも「越後寮の寮司が京璨と言う和尚で是が非常の豪傑であった」と古い書物に書き残されている。

『油断大敵集』考察
http://lake-champ.com/odl0129.pdf

今は昔、最高学府に群雄割拠する時代が、150年前まであった。
そこに大中京璨という豪傑がいた。
詳細は小論をご覧頂きたい。
四街道市社会教育委員よしさん本目
posted by よしさん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書文献