2009年06月09日

『東京都水産試験場50年史』

『東京都水産試験場50年史』

『東京都水産試験場50年史』と聞けば、東京にも水産試験場があったのかという思いがするだろう。
さらに、書名からは堅い報告書が想起されるだろう。

海面と内水面を合わせた本書から、内水面関係を読み取れば、
●昭和15年水元養魚場でワカサギ卵育成試験を実施
●昭和33年奥多摩湖へワカサギ卵2000万粒放流
等々が判る。

『東京都水産試験場50年史』
1978年・東京都水産試験場技術管理部
119pp・正誤表1枚・非売品

函入り・青い表紙に金箔文字の丈夫な製本ながら、50年間が全119ページとは、これいかに。
東京都における水産行政の立場は、もっと強力であるべきではあるまいか。
牛久沼漁業協同組合顧問よしさん本
posted by よしさん at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書文献
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29695268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック