2009年06月24日

千葉県立中央図書館

千葉県立中央図書館

『千葉県郷土資料総合目録』1973(昭和48)年03月23日・千葉県公共図書館協会:編発行・3000円と、『千葉県郷土資料総合目録第2集』1984(昭和59)年03月28日・千葉県公共図書館協会:編発行・5500円の2冊の蔵書で、資料を検索しリストを作成、千葉県立中央図書館へ出向いた。

上記2書から転記したタイトル番号・書名を担当者に示し、開架に所蔵されているか、書庫保管かを尋ねると、請求記号が必要という。
請求記号は昔ながらの図書カードを繰るか、パソコンで検索可能とも。

前記2書中の蔵書タイトル番号は、引継がれることなく無効とされたことを初耳で理解し、憮然としていると、担当者がパソコンで検索し進めてくれた。
聞けば、インターネット上で検索が可能とか。
事前にインターネット上で「千葉県立中央図書館」を検索した際には、
http://www.library.pref.chiba.lg.jp/06guide/central/index.html
図書館蔵書検索ページやボタンの設定は無かった。
ところが、インターネット上の「千葉県立図書館」には、
http://www.library.pref.chiba.lg.jp/
なんと図書館蔵書検索ページがある。
「千葉県立中央図書館」と「千葉県立図書館」は、別のものであった。

冊子型検索ツールのタイトル番号を継承せず、インターネット上の「千葉県立中央図書館」に図書館蔵書検索ページを設定しないことが、千葉県を代表するマザーたる図書館のサービスとは、いかがなものか。

まだまだ図書館は、信用できない。
牛久沼漁業協同組合顧問よしさん本
posted by よしさん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書文献
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30049002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック