2009年08月04日

ワカサギと冷夏

ワカサギと冷夏

2009年08月03日の気象庁異常気象分析検討会で、07月はエルニーニョ現象などの影響で日照不足だったことが判った。
関東地方も曇天が続くうちに、07月は去って行った。

茨城県牛久沼のワカサギは、06月28日の成長調査で、47〜55mm・1.06gと前年同期並みであった。
他方、霞ケ浦・北浦のワカサギ漁獲量も、解禁初日の07月21日に過去10年間の最高記録20.4トンをマーク。

このまま08月が冷夏なら、ワカサギの成長は一層進むものと期待される。
はてさて、どうなりますやら。
牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛久沼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31062996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック