2009年08月17日

辞世の解読

辞世の解読

ご縁があり、義母の生家の菩提寺に墓参した。
近年の墓石3基は黒御影石で、問題なし。
古い4基は砂岩のようで、白・灰・小豆3色に苔生し、彫りが浅くなり、更に一部は欠落し紛失していた。
文字(らしきもの)を肉眼で凝視し、視線を外しまた一瞥し、写真を撮影し、指で触って彫りを確認しても、判読は至難を極めた。

帰宅後、不満足なノートの内容を睨みながら、義母の父の父の父の父の辞世の解読に掛かる。
和歌の類と察しが付き、漢字は(読めぬが)漢字と推定できるものの、かな(のように見える箇所)は本当にかなか、はたまた漢字か疑わしい。

「や」は「也」、「を」は「世」。
前後が読めれば中の文字が確定できるクロスワードの如き、草書・くずし字・異体字の世界に闖入して、早3ケ月。
線香1本の義理刹那より、連日唸る辞世の解読が供養になろう。
30年前から書架に収まる、92年前の草書辞典も日の目を見て、辞世の解読は続く。
よしさん目
posted by よしさん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 原稿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31379365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック