2007年02月06日

茨城県内水面漁場管理委員会

茨城県内水面漁場管理委員会

某日、茨城県内水面漁場管理委員会に出席した。
各漁協の2007(平成19)年度目標増殖量に係る協議が主題で、出席者は委員5名・茨城県南部の8漁協+茨城県内水面漁業協同組合連合会、茨城県からは漁政課・水産振興課・内水面水産試験場・事務局であった。

牛久沼漁業協同組合からは、代表理事組合長とよしさんが出席し、「牛久沼におけるワカサギ増殖の取組み」(中間報告)を、よしさんが発表・報告した。

地域(水体)により漁場事情が相違し、重点とする活動内容(放流魚種等)や、その対象者(組合員向けか遊漁者向けか)も、様々であったことは当然である。
「(活動報告と目標増殖量を)前年並みで」とし、新規性のない漁協もあった。
組合員減少と助成金削減の中、希望量の放流もできず、進むべき方向と効果的経営改善方策が未定のように見受けられ、気がかりである。
一方、よしさん旧知の出席者から元気な報告もあり、心強く思った。

牛久沼漁業協同組合↓
http://www.ushikunumagyokyo.or.jp/
内水面漁協は、もっと理解され、支援されて良い。
牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛久沼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3296155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック