2009年10月28日

『魚つり随筆』土師清二

『魚つり随筆』土師清二

土師清二『魚つり随筆』を読み返していると、房総・夷隅川や、佐原・小見川の寒バヤ釣りが紹介されていた。
ハヤは通称で、ウグイのことだ。

興味深いのは、巻末の小説「竿師」である。
古い釣り人には伝説の、名職人・初代竿忠の物語は、著者が著者だけに迫力を持って伝わってくる(初代竿忠と土師清二は面識があった)。

○魚つり随筆 土師清二 1941(昭和16)年05月31日
・259pp・1円50銭・三省堂
○随筆釣道楽 土師清二 1948(昭和23)年07月20日
・199pp・90円・自由出版

7年後に刊行された『随筆釣道楽』巻頭の「惜竿記」には、初代・二代・三代竿忠が登場する。
明治大正昭和の世相も伝える両書を、和竿好き以外の釣り人にもお勧めしたい。
土師清二から竿忠の話になってしまい、どうも脱線しそうだ。
『竿忠の寝言』については別の機会に譲ろう。
亀山湖F.コテージつばきもとインストラクターよしさん本
posted by よしさん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書文献
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33255720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック