2013年09月09日

「サンダーカットA−2」も導入

「サンダーカットA−2」も導入

無停電電源装置は、英語で Uninterruptible Power Systems と言われ、商用電源と各種端末の中間に設置するものである。
よしさんは、2007年06月にパソコンの保護用としてUPSを導入設置した。

2010年07月02日夕刻の停電は、30秒程度で復電し、無停電電源装置(UPS)が、本当にデータを守るかのテストは、設備導入後3年にして、初めて実証された。

2013年は、ADSLの後継に光ケーブルを導入したところ、電源ラインに「サンダーカットA−2」もレンタルで含まれていた。
つまり、壁の商用電源コンセントに装着した数百円のカード型「雷ガード」、及びそれに続く無停電電源装置(UPS)、さらに「サンダーカットA−2」というラインナップである。

お陰様で、2013年09月08日18:50の落雷による瞬間停電は、パソコン使用中であったが何の支障もなくクリアーできた。
大変ありがたいことである。
転ばぬ先の杖は、いくつあっても良い派、よしさん目
posted by よしさん at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74443367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック