2012年09月22日

千葉県三直大堰の植物プランクトン(2012年夏季)

千葉県三直大堰の植物プランクトン(2012年夏季)

三直大堰(千葉県君津市)は、1869(明治02)年以前に完成した、小規模な貯水池(潅漑用)である。
よしさんは、三直大堰の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、三直大堰でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したので報告する。

千葉県三直大堰の植物プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

今回のプランクトン調査結果では、藍藻類・緑藻類が観察され、多くみられた種は、アオミドロ属(緑藻・未掲載)であった。
藍藻は、ミクロキスティス イクチオブラーベ Microcystis Ichthyoblabe に似た、 Microcystis firma(Kutzing)Schmidle と推定された。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
posted by よしさん at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月21日

千葉県三直大堰の動物プランクトン(2012年夏季)

千葉県三直大堰の動物プランクトン(2012年夏季)

三直大堰(千葉県君津市)は、1869(明治02)年以前に完成した、小規模な貯水池(潅漑用)である。
よしさんは、三直大堰の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、三直大堰でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したので報告する。

千葉県三直大堰の動物プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

まとめると、ミジンコ類3種・ワムシ類2種・原生動物3種が観察された。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月20日

千葉県金山ダム貯水池の植物プランクトン(2012年夏季)

千葉県金山ダム貯水池の植物プランクトン(2012年夏季)

金山ダム貯水池(千葉県鴨川市)は、1963(昭和38)年に完成した、大規模な貯水池(潅漑用)である。
よしさんは、金山ダム貯水池の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、金山ダム貯水池(ダムサイト)でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したので報告する。

千葉県金山ダム貯水池の植物プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

まとめると、珪藻類2種・緑藻類(5種)が観察された。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月19日

千葉県金山ダム貯水池の動物プランクトン(2012年夏季)

千葉県金山ダム貯水池の動物プランクトン(2012年夏季)

金山ダム貯水池(千葉県鴨川市)は、1963(昭和38)年に完成した、大規模な貯水池(潅漑用)である。
よしさんは、金山ダム貯水池の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、金山ダム貯水池(ダムサイト)でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したので報告する。

千葉県金山ダム貯水池の動物プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

まとめると、ミジンコ類5種・ワムシ類1種・原生動物5種が観察された。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月18日

千葉県保台ダム貯水池のユーグレナ属

千葉県保台ダム貯水池のユーグレナ属

保台ダム貯水池(千葉県鴨川市)は、1998(平成10)年に完成した、大規模な貯水池(潅漑用・上水道用)である。
よしさんは、保台ダム貯水池の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、保台ダム貯水池(ダムサイト)でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したところ、ユーグレナ属 Euglena oxyuris Schmarda var. charkowiensis (SWIRENKO) CHU を観察したので報告する。

千葉県保台ダム貯水池のユーグレナ属
http://wakasagi.jpn.org/

本個体の細胞は150μmであり、また「大きな棒状のパラミロンを2個持つ。細胞の後端は短く尖る。」は、説明通りであることから、本種は、原生動物門第1亜門第1綱第6目ミドリムシ科の、Euglena oxyuris Schmarda var. charkowiensis (SWIRENKO) CHU (和名なし)と同定した。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月17日

浦壁大池(兵庫県・南あわじ市)の清掃ボランティア予定

浦壁大池(兵庫県・南あわじ市)の清掃ボランティア予定

日本釣振興会主催(水産庁・環境省後援)の「全国水辺感謝の日」に呼応し、「ため池RANGER」は、「ため池の清掃ボランティア」を実施します。
■日時:2012年11月11日(日)10:00〜12:00
■場所:浦壁大池(兵庫県・南あわじ市)
■集合:09:30・浦壁大池堰堤前
■持参:ため池RANGERのマーク(首からぶら下げるタイプの方です)

詳細問合せは「ため池RANGER」代表・松林眞弘氏(洲本市)まで。
「ため池RANGER」メンバーよしさんイベント目
posted by よしさん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月16日

千葉県保台ダム貯水池の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)

千葉県保台ダム貯水池の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)

保台ダム貯水池(千葉県鴨川市)は、1998(平成10)年に完成した、大規模な貯水池(潅漑用・上水道用)である。
漁業権設定のない保台ダム貯水池では、法令に基づく魚類増殖義務がないこともあり、魚類資源管理という概念はなく、魚類餌料プランクトン調査は、過去に見当たらないようだ。
よしさんは、保台ダム貯水池の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、保台ダム貯水池(ダムサイト)でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。

千葉県保台ダム貯水池の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

特別に多くみられた種はなく、珪藻類も確認された。
まとめると、ミジンコ類3種・ワムシ類3種・原生動物4種が観察された。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月14日

千葉県豊英湖のコガタツボワムシ

千葉県豊英湖のコガタツボワムシ

豊英湖(千葉県君津市)は、1969(昭和44)年に完成した、大規模な貯水池(潅漑用・工業用水用)である。
2012年08月30日(木)、豊英湖(木和田橋)でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したところ、コガタツボワムシ Brachionus angularis を観察したので報告する。

千葉県豊英湖のコガタツボワムシ
http://wakasagi.jpn.org/

コガタツボワムシは格別な希少種ではなく、「分布は全国(国内)に普通」とされ、イギリスの湖・池・運河・汽水にも生息するが、変異が大きく、詳細の形状は相違することが多い。
もちろん、コガタツボワムシは、水体で自然ふ化する全魚種共通の仔魚段階の優良餌料のひとつである。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月13日

千葉県豊英湖の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)

千葉県豊英湖の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)

豊英湖(千葉県君津市)は、1969(昭和44)年に完成した、大規模な貯水池(潅漑用・工業用水用)である。
よしさんは、豊英湖の夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2012年08月30日(木)、豊英湖(木和田橋)でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。

千葉県豊英湖の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

最も多くみられた種は、オオアタマミジンコで、次いで、ケンミジンコ属・ボルボックスであった。
まとめると、ミジンコ類5種・ワムシ類3種・原生動物3種が観察された。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年09月05日

雄蛇ケ池のタイワンシジミ

雄蛇ケ池のタイワンシジミ

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
2012年08月23日(木)、雄蛇ケ池におけるシジミ類の観察報告があったため、翌08月24日(金)午後、雄蛇ケ池におけるシジミ類の確認調査に出向した。
しかし、池内でシジミ類が発見できず、下流の農業用水路でシジミ類3個体を採取し、生体を持帰り、タイワンシジミと、ほぼ同定したので報告する。

雄蛇ケ池のタイワンシジミ
http://wakasagi.jpn.org/

危惧の主原因は、「タイワンシジミ」の精子を受けた「マシジミ」の産出する子貝は、全て「タイワンシジミ」となる「雄性発生」(精子側の遺伝子のみが遺伝する)にあり、本報事例を踏まえ、雄蛇ケ池を含めた周辺地域は既にタイワンシジミが侵入し繁殖していることも懸念されるため、タイワンシジミの分布確認詳細調査が望まれる。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年08月05日

古典籍で味わう雄蛇ケ池のハンゲショウ(三白草)

古典籍で味わう雄蛇ケ池のハンゲショウ(三白草)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
雄蛇ケ池に自生するハンゲショウを含め、別名を持つ草木は多い。
学名 Saururus chinensis Baill. は、コショウ目トクダミ科の草本の一種で、和名はハンゲショウ・サンパクソウ・カタシログサ等と呼ばれている。
ハンゲショウに関する、確かな出典を調べ、誤りのない引用で語源・由来を一覧することを目的に、本稿では先ず、文献調査を行う。
具体的には、よしさん架蔵古典籍等を引き、 Saururus chinensis Baill. の古名と古名の使われていた起源・年代を再確認し、文献其々の記述の粗密・精度・正誤を味わう。
次に、現地調査に基づく、雄蛇ケ池における、2012年05月及び07月のハンゲショウの生態を紹介し、「三白草・カタシロクサ・ハンゲショウ漢名和名千年史」を考察する。
最後に、野生種ハンゲショウの国内分布状況について概観する。

古典籍で味わう雄蛇ケ池のハンゲショウ(三白草)
http://wakasagi.jpn.org/

ハンゲショウの自生地はもっと大切にされて良い。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
posted by よしさん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月30日

千葉県雄蛇ケ池の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)

千葉県雄蛇ケ池の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
2012年07月15日(日)、毎年恒例の雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦に参加した機会をとらえ、夏期の餌料プランクトン状況を把握するため、プランクトンを採取し、持ち帰り検鏡観察したところ、ツノオビムシが優占種となり、ミジンコ類5種・ワムシ類8種・原生動物2種が観察された。

千葉県雄蛇ケ池の魚類餌料プランクトン(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

しかし、雄蛇ケ池の魚類相等に問題もあり、食物連鎖が不完全であるため、池の生産力の大部分が
無駄になっていることは残念である。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月27日

雄蛇ケ池のミジンコワムシ(2012)

雄蛇ケ池のミジンコワムシ(2012)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
2012年07月15日(日)、ボートハウスツカモト桟橋でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡したところ、ミジンコワムシ Hexarthra mira を観察した。

雄蛇ケ池のミジンコワムシ(2012)
http://wakasagi.jpn.org/

ミジンコワムシは、中華人民共和国、韓国、ドイツ、ブラジルにも分布している。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月25日

千葉県雄蛇ケ池における藍藻類の変遷(2006〜2012)

千葉県雄蛇ケ池における藍藻類の変遷(2006〜2012)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
よしさんは、2006年夏季から2012年夏季まで、雄蛇ケ池のアオコ現象の原因藍藻類を明らかにすることを目的に、調査を継続実施・報告してきたが、本稿では先ず、植物プランクトン藍藻類の変遷状況を一覧的に把握し、次いで藍藻類の変遷に関する一二の知見を述べる。
また、ソウギョ放流と藍藻類の異常繁殖の相関についても考察する。

千葉県雄蛇ケ池における藍藻類の変遷(2006〜2012)
http://wakasagi.jpn.org/

それにしても、シアノバクテリアの秀逸さに、驚愕する。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月24日

千葉県雄蛇ケ池のアオコ現象(2012年夏季)

千葉県雄蛇ケ池のアオコ現象(2012年夏季)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
よしさんは、2012年07月15日(日)、雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦へ参加し、北側の観光道路及びアオコ現象で異臭が漂う水際のゴミを一人黙々と拾いつつ、アオコ現象の状況確認を行い、原因藍藻類解析のため塚本ボート桟橋で池水を採取し、直ちにホルマリン固定の上、持帰り検鏡観察した。

千葉県雄蛇ケ池のアオコ現象(2012年夏季)
http://wakasagi.jpn.org/

採取した池水を顕微鏡下で観察したところ、今回の水の華(アオコ現象)は、藍藻のアナベナ マクロスポーラの異常繁殖を主因とし、ミクロキスティス エルギノーザ、ミクロキスティス ベーゼンベルギー、ミクロキスティス ビリディス、の合計4種からなる複合現象であることが明らかになった。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月16日

雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦(2012)終了

雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦(2012)終了

2012年07月15日(日)に恒例の雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦(千葉県東金市)が実施された。
広報とうがね07月01日号
http://www.city.togane.chiba.jp/koho/pdf/240701/p05.pdf

予定より早く08:00から、よしさんは、配布されたゴミ袋とゴミ挟みを手に、雄蛇ケ池北側山頂までの通称観光道路のゴミ拾いをする(同方面のゴミ拾いは一人だけ)。
軽トラ+草刈り機持参の地区住民が圧倒的多数派で、下の湖畔遊歩道のあちこちからエンジン音が聞こえる。
2回戦は、湖畔遊歩道北側に入り、アオコ現象の水辺でゴミ拾い。
まだ手つかずのエリアを残したまま、11:00タイムアップで撤収となる。

参加の皆さま、雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦お疲れ様でした。
3時間水分補給なしで、多少減量成功か。
一般参加の釣り人よしさんイベント目
posted by よしさん at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月15日

徳川家康の東金鶴御成及び明治時代の雄蛇ケ池猟區考察

徳川家康の東金鶴御成及び明治時代の雄蛇ケ池猟區考察

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
本報では、よしさんが所蔵する1892(明治25)年の雄蛇ケ池関係地方文書(じかたもんじょ)及び絵図面を初公開する。
この地方文書は狩猟分野に属するところから、先ず「やや長い前置き」で東金御成街道造成と東金御鷹場における狩猟実績を簡単に眺めて見る。
次に、徳川家康と薬学書について、よしさん架蔵書を引いて考察し、また東金を訪れた漢詩人梁川星巌にも触れる。
本題では幕藩時代より明治時代中期にいたる狩猟制度史を概観し、雄蛇ケ池関係地方文書から導ける以下の諸点を検討する。
(1)『官有地水面拝借願』『猟區設定願』「雄蛇ケ池絵図面」の相対的位置
(2)狩猟免許人員は何人であったか
(3)狩猟対象鳥獣は何であったか
(4)1892(明治25)年10月における、雄蛇ケ池の水面積
(5)馬捨場について

徳川家康の東金鶴御成及び明治時代の雄蛇ケ池猟區考察
http://wakasagi.jpn.org/

釣りも狩猟も好き派・前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年07月04日

雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦(2012)

雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦(2012)

2012年07月15日(日)、千葉県東金市の灌漑用ため池・雄蛇ケ池で、クリーンアップ大作戦が実施される。
草刈り・ゴミ拾いがメインで、主力は地区住民だが、雄蛇ケ池を利用する(東金市外の・遠来の)釣り人として、地元の人に見える形で、年に1度のボランティアをするのも良いものだ。

集合は、(水洗トイレのある)表堰堤・田中側の駐車場に08:30、作業開始は09:00。
よしさんは、麦わら帽子・腰にタオル・長靴で、08:20にはスタンバイする。
予約制ではないから、事前の参加表明は不要。

「雄蛇ケ池クリーンアップ大作戦」
広報とうがね07月01日号
http://www.city.togane.chiba.jp/koho/pdf/240701/p05.pdf

参加の釣り人に、よしさんから「赤い軍手」をプレゼント予定。
都合のつく釣り人は、ぜひ参加頂きたい。
よしさんイベント目
posted by よしさん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年05月31日

ソウギョはクヌギも食べている(その2)

ソウギョはクヌギも食べている(その2)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)は、1614(慶長19)年に完成した、大規模な灌漑用溜池である。
前報では、近未来に起り得る仮説として、「ソウギョが立ち泳ぎ姿勢で水面から伸び上がり、頭部を出し、水上にオーバーハングする植物を食む姿さえ、やがて観察・撮影されるであろう。」と結んだ。

ソウギョはクヌギも食べている(その2)
http://wakasagi.jpn.org/

本報は、その仮説が現実となり、観察され撮影されたことを紹介し、次に現地調査に基づき該当樹木の種を同定し、さらに隣接した水辺の植生分布(配列)を示した上で、ソウギョの食性嗜好について、いくつかの考察を加える。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年05月28日

皐月の雄蛇ケ池における、魚類餌料プランクトン(2012)

皐月の雄蛇ケ池における、魚類餌料プランクトン(2012)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)の、皐月の魚類餌料プランクトン状況を把握するため、プランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したところ、ミジンコ類4種・ワムシ類3種・原生動物4種等、多様なプランクトンが観察された。

皐月の雄蛇ケ池における、魚類餌料プランクトン(2012)
http://wakasagi.jpn.org/

2012年皐月の雄蛇ケ池は、口径の小さな仔魚に辛く、稚魚・未成魚・成魚に良好な魚類餌料プランクトン環境にあると見られる。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか