2012年05月27日

皐月の雄蛇ケ池における、藍藻類観察報告(2012)

皐月の雄蛇ケ池における、藍藻類観察報告(2012)

雄蛇ケ池のアオコ現象の原因藍藻類の5月の状況を把握するため、藍藻類を採取し、持ち帰り検鏡観察したところ、ミクロキスティス エルギノーザ Microcystis Aeruginosa が観察された。

皐月の雄蛇ケ池における、藍藻類観察報告(2012)
http://wakasagi.jpn.org/

今季の雄蛇ケ池におけるアオコ現象の行方は、ソウギョの排出する糞塊総量の多寡(藍藻類の栄養塩として働く)に因ると考えられる。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年01月15日

千葉県雄蛇ケ池の魚類餌料プランクトン(2011年師走)

千葉県雄蛇ケ池の魚類餌料プランクトン(2011年師走)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)の、冬期における魚類餌料プランクトン環境を継続把握するため、2011年12月05日(月)調査したところ、前年同時期比、ミジンコは5種が6種に増え、ワムシは6種が1種に激減していることが明らかになった。

千葉県雄蛇ケ池の魚類餌料プランクトン(2011年師走)
http://wakasagi.jpn.org/

以前より雄蛇ケ池で観察されていたヒゲナガケンミジンコ属は、ネオヒゲナガケンミジンコと同定した。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年01月14日

雄蛇ケ池のネオヒゲナガケンミジンコ

雄蛇ケ池のネオヒゲナガケンミジンコ

2011年12月05日に、雄蛇ケ池(千葉県東金市)の塚本ボート桟橋で採取したヒゲナガケンミジンコ科の一種を良く観察し、オス♂の右第5胸脚外肢第1節外側末端に棘状突起のあること、及び外肢第2節外側刺の位置が外縁中央に付き、太く長大であること等の特徴ある形状を、『日本淡水動物プランクトン検索図説』と比較照合し、ネオヒゲナガケンミジンコと、種の同定をした。

雄蛇ケ池のネオヒゲナガケンミジンコ
http://wakasagi.jpn.org/

しかし、南方系種のネオヒゲナガケンミジンコの分布は、中国大陸の満州・中部・南部、及び国内では宍道湖内の「西潟の内」の1例が記載されるのみで、関東地方にいつ、どこから分布範囲を拡大したものか、やや気になるところである。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年01月12日

雄蛇ケ池の太陽虫

雄蛇ケ池の太陽虫

2011年12月05日に、雄蛇ケ池(千葉県東金市)の大谷津・東側ワンド奥で採取した原生動物の一種を良く観察し、太陽虫 Actinophrys sol Ehrenberg,1830 と、種の同定をした。
太陽虫は細菌類を吸着消化し、中国大陸のハイランド(標高3020m〜4585m)にも生息適応する、驚異的生命力を持つ。

雄蛇ケ池の太陽虫
http://wakasagi.jpn.org/

雄蛇ケ池は、多様な生物の宝庫と云える。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年01月11日

師走の雄蛇ケ池における、藍藻類観察報告(2011)

師走の雄蛇ケ池における、藍藻類観察報告(2011)

雄蛇ケ池(千葉県東金市)における、藍藻類の冬期の状況を把握するため、2011年12月05日(月)、池水を検鏡したところ、以下の藍藻類が観察された。
■ミクロキスティス エルギノーザ Microcystis Aeruginosa
■ミクロキスティス ベーゼンベルギー Microcystis Wesenbergii
■ミクロキスティス イクチオブラーベ Microcystis Ichthyoblabe

「師走の雄蛇ケ池における、藍藻類観察報告(2011)」
http://wakasagi.jpn.org/

師走になり冷え込んでくると、雄蛇ケ池の藍藻類はいつの間にか消滅したと考えた人も多いだろうが、前述3種が、2011年も師走の雄蛇ケ池で観察され、消滅していないことが再び明らかになった。
前・牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2012年01月10日

雄蛇ケ池におけるソウギョの糞塊

雄蛇ケ池におけるソウギョの糞塊

2006年早春、雄蛇ケ池(千葉県東金市)にソウギョが放流されて以降、ソウギョの糞塊の解析を通じ、本水域におけるソウギョの主要餌料を特定する試みにトライしてきた。
2011年12月05日(月)、塚本ボート桟橋にて、水面に漂うソウギョの糞塊を採取し、ホルマリン固定せずに持ち帰り、生のまま検鏡した。
糞塊に、数種の原生動物が盛んに出入りしている様子を観察したが、この季節にソウギョが食べているものの特定はできなかった。

雄蛇ケ池におけるソウギョの糞塊
http://wakasagi.jpn.org/

次のチャンスを狙いたい。前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月19日

茨城県道仙田のゾウミジンコモドキ

茨城県道仙田のゾウミジンコモドキ

道仙田(茨城県龍ケ崎市)は、利根川水系・小貝川駝行部の、短絡工事により残された旧河道・三日月湖である。
夏期における道仙田の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2011年08月26日(金)、プランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。
本報では、ゾウミジンコモドキについて報告する。

「茨城県道仙田のゾウミジンコモドキ」
http://wakasagi.jpn.org/

同一水系の上流で観察された種は、下流にも生息する事例が明らかになった。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月18日

茨城県道仙田の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

茨城県道仙田の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

道仙田(茨城県龍ケ崎市)は、利根川水系・小貝川駝行部の、短絡工事により残された旧河道・三日月湖である。
夏期における道仙田の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2011年08月26日(金)、プランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したところ、ミジンコ類3種・ワムシ類2種・原生動物7種・他が観察された。

「茨城県道仙田の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)」
http://wakasagi.jpn.org/

地元で魚類餌料プランクトンを研究する人の出現が、待たれる。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月15日

ため池レンジャー第4回ため池の清掃ボランティア

ため池レンジャー第4回ため池の清掃ボランティア

日本釣振興会「全国水辺感謝の日」に呼応し、「ため池レンジャー」主催、第4回ため池の清掃ボランティアが予定されている。

日時:2011年11月13日(日)10:00〜12:00
場所:浦壁大池
(兵庫県南あわじ市・国道28号線青木交差点から三原高校方面へ2km)
集合:現地(浦壁大池堰堤前)09:30
持参:ため池レンジャーのマーク(首からぶら下げるタイプの方です)
事前連絡:参加可能な方は、事務局まで(軍手・ゴミ袋等は事務局手配)
事務局ブログ:
淡路魚釣り文庫 http://blogs.yahoo.co.jp/kijiuchi45ff

ため池の清掃ボランティア等を通じ、地権者との信頼関係を構築し、より良い釣り場づくりに寄与すると、嬉しいな。
「ため池レンジャー」メンバーよしさんイベント目
posted by よしさん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月14日

茨城県道仙田の藍藻類観察報告(2011年夏季)

茨城県道仙田の藍藻類観察報告(2011年夏季)

道仙田(茨城県龍ケ崎市)は、利根川水系・小貝川駝行部の、短絡工事により残された旧河道・三日月湖である。
2011年08月26日(金)、道仙田の河水を採取し持帰り、プランクトン調査と併行し、藍藻類を検鏡解析したところ、ミクロキスティス イクチオブラーベと、ミクロキスティス ベーゼンベルギー、合計2種の藍藻類の存在が明らかになった。

「茨城県道仙田の藍藻類観察報告(2011年夏季)」
http://wakasagi.jpn.org/

前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月07日

茨城県中沼の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

茨城県中沼の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

中沼(茨城県龍ケ崎市)は、小貝川破堤の跡と云われ、平野部の池沼として関東一の水深14mを持ち、水面標高は3mである。
夏期における中沼の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、2011年08月26日(金)、プランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察したところ、ミジンコ類3種・ワムシ類2種・原生動物4種が観察された。

「茨城県中沼の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)」
http://wakasagi.jpn.org/

なかには、中国西蔵地区ハイランドに生息する種も見られ・・。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月04日

茨城県中沼のアオコ現象(2011年夏季)

茨城県中沼のアオコ現象(2011年夏季)

中沼(茨城県龍ケ崎市)は、小貝川破堤の跡と云われ、平野部の池沼として関東一の水深14mを持つ。
2011年08月26日(金)、中沼のプランクトン調査時に、アオコ現象が発生していたため、原因藍藻類解析用に池水を採取し、持帰り検鏡したところ、原因藍藻類同属2種で構成されるアオコ現象であることが判明した。

「茨城県中沼のアオコ現象(2011年夏季)」
http://wakasagi.jpn.org/

前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年09月01日

千葉県乾草沼のマツモ

千葉県乾草沼のマツモ

乾草沼(千葉県山武郡横芝光町)は、河口閉塞屈曲溢水により形作られた池沼群の総称である。
水生植物マツモは、一般にキンギョモと呼ばれる水草の一種で、観賞用水槽に入れ親しまれている。
乾草沼の、マツモの夏季の生態を明らかにすることを目的に現地調査をし、マツモ利用の用途・起源を探ることを目的に、文献調査をしたので報告する。

「千葉県乾草沼のマツモ」
http://wakasagi.jpn.org/

マツモがサスペンドできる構造の秘密・今や絶滅危惧U類となったこと・解熱剤として1500年代以前より利用されてきたこと、etc。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月30日

千葉県乾草沼の原生動物ツリガネムシ(動画)

千葉県乾草沼の原生動物ツリガネムシ(動画)

乾草沼(千葉県山武郡横芝光町)は、河口閉塞屈曲溢水により形作られた池沼群の総称である。
乾草沼で、夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、プランクトンを調査した折、水生植物を採取し持ち帰ったところ、原生動物分野の固着性繊毛虫2種を検鏡観察した。
本稿では、そのうちの1種を報告する。

「千葉県乾草沼の原生動物ツリガネムシ(動画)」
http://wakasagi.jpn.org/

柄を伸縮させるツリガネムシの独特の動きを、お手元のパソコンでご覧あれ。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
posted by よしさん at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月29日

千葉県乾草沼の原生動物バギニコラ属

千葉県乾草沼の原生動物バギニコラ属

乾草沼(千葉県山武郡横芝光町)は、河口閉塞屈曲溢水により形作られた池沼群の総称である。
乾草沼で、夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、プランクトンを調査した折、水生植物を採取し持ち帰ったところ、原生動物分野の固着性繊毛虫2種を検鏡観察した。
本稿では、そのうちの1種を報告する。

「千葉県乾草沼の原生動物バギニコラ属」
http://wakasagi.jpn.org/

繊毛虫は、馴染みの薄い分野で、同定に自信なし。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月23日

千葉県乾草沼の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

千葉県乾草沼の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

乾草沼(千葉県山武郡横芝光町)は、河口閉塞屈曲溢水により形作られた池沼群の総称である。
2011年08月12日(金)、夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、乾草沼でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。
多く見られた種は、ケンミジンコ属・ユーグレナ属で、珪藻類・緑藻類も観察された。
まとめると、ミジンコ類4種・ワムシ類3種・原生動物5種他が観察された。

「千葉県乾草沼の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)」
http://wakasagi.jpn.org/

前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月21日

千葉県道の口沼の魚類餌料プランクトン

千葉県道の口沼の魚類餌料プランクトン

道の口沼は、千葉県匝瑳(そうさ)市にある小規模な潅漑用溜池である。
2011年08月12日(金)、魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、道の口沼でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。
多く見られた種は、オオアタマミジンコで、次いでケンミジンコ属・ユーグレナ属であった。
まとめると、ミジンコ類2種・原生動物5種が観察されたが、解析するとアンバランスで異様なプランクトン相であることが明らかになった。

「千葉県道の口沼の魚類餌料プランクトン」
http://wakasagi.jpn.org/

前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
posted by よしさん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月07日

シークレットポイント丑ケ池

シークレットポイント丑ケ池

丑ケ池は、千葉県東金市にある小規模な潅漑用溜池である。
2011年夏は、気になっていた丑ケ池を訪れ、魚類餌料観点からプランクトンを調査し、藍藻類と併せ、いくつかのレポートにまとめ、オンラインに公表した。

その仕上に、釣り場(水体)を紹介するシリーズ「シークレットポイント丑ケ池」を全面改訂した。
よしさんが、以前リクエストしておいた駐車場と水洗トイレも、東金市と関係者の格別なる努力で完成し、名実ともに親しめる場所となったことは、ご同慶の至りである。

「シークレットポイント丑ケ池」
http://lake-champ.com

貴重な釣り場を大切にしたい。
前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月02日

千葉県丑ケ池の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

千葉県丑ケ池の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)

丑ケ池は、千葉県東金市にある小規模な潅漑用溜池である。
2011年07月17日(日)、夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、丑ケ池でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。
多く見られた種は、ケンミジンコ属・カマガタツボワムシで、次いでユーグレナ属であった。
まとめると、ミジンコ類4種・ワムシ類6種・原生動物4種が観察された。

「千葉県丑ケ池の魚類餌料プランクトン(2011年夏季)」
http://wakasagi.jpn.org/

前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか

2011年08月01日

千葉県丑ケ池のカマガタツボワムシ

千葉県丑ケ池のカマガタツボワムシ

丑ケ池は、千葉県東金市にある小規模な潅漑用溜池である。
2011年07月17日(日)、夏季の魚類餌料プランクトン環境を明らかにすることを目的に、丑ケ池でプランクトンを採取し、現地でただちにホルマリン固定の上、持ち帰り検鏡観察した。
本報では、カマガタツボワムシについて報告する。
カマガタツボワムシは、「その先端が腹面に向って湾曲し鎌刀に似ているのが大きな特徴である」、「2番目の2本がもっとも長く、鎌形をしている」と説明されること等から、和名に漢字表記を充てる場合は、鎌形壷輪虫となろう。

「千葉県丑ケ池のカマガタツボワムシ」
http://wakasagi.jpn.org/

前牛久沼漁業協同組合顧問よしさん目
posted by よしさん at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雄蛇ケ池ほか